Menu
Close 




      2019/05/17

ラックスシャンプー・ルミニークの種類と値段!成分にシリコン配合でべたつき髪の毛に。

 
ラックスシャンプー・ルミニークの種類と値段!成分にシリコン配合でべたつき髪の毛に。

この記事を書いている人 - WRITER -

今回はラックスシャンプーのルミニークについて解析ですよ!

KEIKO

ちょっと待って!ボタニフィークも気になるわ!それもやってちょうだい!

セリーナ

わかりました!ルミニークと比較しつつボタニフィークも一緒にまとめて行きます。

KEIKO

ラックスシャンプー【ルミニーク】は公式サイトでこう紹介されています。“夜のアロマ。ご褒美ノンシリコンシャンプー。”と。アロマと来てるので香りでご褒美なのはきっと間違いないでしょう。どんな香りのアロマでご褒美なのか調べて行きますよ。

ともあれ、ラックスと言えば、いまや誰もが聞いたことがあるシャンプー&トリートメントの大手!ドラッグストアなどで購入される商品の一つと言っても間違いないでしょう。

今回は、そのラックスの新しい商品ルミニークのノンシリコンシャンプーを解析して行きます。ラックスボタニカルも成分解析と口コミ評判を見ながら、一緒に解析して比較します!

ルミニークだけでも10種類もあるのね…。香りの追求がすごいわ!

セリーナ

【ラックスルミニークシャンプーの種類】値段や効果,香りが違う!ボタニフィークとの違いも解説!

【ラックスルミニークシャンプーの種類】値段や効果,香りが違う!ボタニフィークとの違いも解説!

セリーナさんが言った通り、ラックスのルミニークシャンプーは全部で10種類も種類があるんです!

これだけ種類があるとどれを買おうか迷ってしまいますね。店頭にもこれだけのラックスルミニークシャンプーが並んでいると「スゴイ…」と圧倒されてしまいます。その他のラックスシリーズもあるのに。

それでは、香りの種類別にまとめて行きます。

ルミニークの香りの種類
  • 【ダメージリペア・モイストチャージ】エキスパートオイル:保湿成分が違う。保湿効果がルミニークでは断トツ。
  • 【ハピネスブルーム・オアシスカーム】ムードチェンジ:幸せを感じる香り。
  • 【ミッドナイトアロマ】ミッドナイトアロマ:眠れる森の香り。
  • 【ボタニカルピュア】ボタニカル:名前の通りボタニカル成分が配合されている。頭皮に優しいアプローチは断トツ。
  • 【アサイーストレート・ゴジベリーモイスト】クレンズフルーツ:流行り。頭皮改善を目的としているならばコレ!
  • 【ボリュームシャイン・リラックス&スムース】ルミニーク:特になし。スタンダード。

種類はこのように分かれています。一つの香りに二つの種類があるルミニークシリーズもあり、選ぶのが楽しくなるほど種類が豊富ですね。

ルミニークは種類が同じでも値段が違う!

そして、ルミニークシリーズの種類をさらに詳しく見てみると、同じ香りでも値段が違う種類もあります。

  • エキスパートオイル:ダメージリペア→700円台,モイストチャージ→800円台
  • ムードチェンジ:ハピネスブルーム→800円台,オアシスカーム→900円台
  • ミッドナイトアロマ:ミッドナイトアロマのみ(一部の店舗での限定販売)
  • ボタニカル:ボタニカルピュアのみ→600円台
  • クレンズフルーツ:アサイーストレート→800円台,ゴジベリーモイスト→800円台
  • ルミニーク:ボリュームシャイン→500円台,リラックス&スムース→700円台

という感じです。

現在、10種類ものルミニークシャンプー&トリートメントが存在しています。ここまで細かくしていくと「自分に合うのはどれ!?」と悩む方もいらっしゃいますよね。ただ、値段が全体的に1000円もいかないので、手に取りにくいというのが全然なくて安心です♪

 

ラックスルミニークとラックスボタニフィークの違いはスタンダードor植物由来

ラックスからは、ルミニークシャンプー以外にボタニフィークシャンプーが発売されています。

「それぞれの違いって何?」そんな疑問を持っている方も多いですが、違いについて端的に言いますと、ルミニークはスタンダードラインナップ、ボタニフィークは植物由来成分主体のラインナップという違いです。

ボタニフィークシャンプーは“植物由来成分と科学の力で、高い機能性と心地よい使用感を叶える”と公式では謳われていて、それをボタニカル・サイエンス処方と読んでいます。

ルミニークにもボタニカルはありますが、ボタニフィークはそこにさらに科学のチカラが加わったシャンプー&トリートメントということですね。そのため、価格帯もボタニフィークの方がやや高いです。

 

ラックスルミニークとボタニフィークのお試しの口コミは匂いが評判

ラックスルミニークとボタニフィークのお試しの口コミは匂いが評判

まあ、なんにしても周りの反応を見てみたいわね!

セリーナ

個人の髪質などで違いはありますが、それでも「ある程度目安としてどうなの?」って判断できるものが口コミ評判ですよね!早速口コミ評判をチェックして、実際に購入してお試しした方にはどういった口コミ反応があったのか見ていきましょう♪

 

ラックスルミニークの良い口コミ「使い心地がいい」「香りが好き」「サラツヤ!」

ポンプのセットがお安くなってて試しに購入。ラックス系はあまり使ったことがなかったけどあれー?使い心地よい!冬の乾燥にも耐えてさらさらしっとり。トリートメントと合わせて使うと髪もあまり痛まない。香りも私は好きです。

昔、美容師さんにクセ毛は元から乾燥毛!と言われて、カラーしてなくてもガサガサしてるのはそのせいか?と納得してから数年…。うるおい系シャンプージプシーでした。ふと目に止まったこのシャンプーを購入後、使ったその日から髪の毛ツルツルのサラサラで感動しました!香りは甘めで女性向けです。色んな種類がでて、最近はかろうじて詰め替えだけ売ってるものにしました。使用感は最高です。

私の髪は元々LUXと相性がよく、子供の頃から使っていたのですが、近年「ノンシリコンシャンプーがいい!」という話を聞き、国内海外問わずノンシリコンの評判のシャンプーをあれこれ試していました。結果、私の髪には合わずキシキシとした使用感と枝毛もできるようになり、よく褒められていた髪の毛が残念な状態になってしまいました。そんな時、LUXからノンシリコンの商品が出たことを知り試したところ、嘘みたいに髪がツヤツヤの状態に戻りました。見た目も可愛く香りもよくて、シャンプーするのが楽しいです。

〔良い口コミ評判の評価〕

良い口コミには「香り匂いが好き!良い!」「サラサラツヤツヤになった!」という口コミ評価が多かったです。やっぱりラックスと言えばこの二つが特徴ですもんね☆

昔からラックスシャンプーは売っていて、ずーっと愛用しているという方も多かったのでたくさんの口コミがありましたし、「昔からずっと大好き」という良い口コミもありました。

 

ラックスルミニークの悪い口コミ「きしむ」「パサパサ」「フケと抜け毛が出る」

ミニボトルサンプルを使用しました。シャンプーは泡立ちは良いですが、洗い流すとキシみます。トリートメントは使用感はそんなに悪くなかったですが、乾かすとパサパサ…。広がるしツヤも出ないしほんとにダメージ用?って感じの仕上がり。いきなり現品買わなくて良かった、というのが感想です。

ダメージリペアとゆう名前に惹かれて買いましたが私には合いませんでした(>_<)コレを使うとフケがすごい、抜け毛が増える。洗い上がりは良かったのにとっても残念です。

かなり泡立ちが良く、普段3プッシュ程してますがこの商品は1〜1.5プッシュでいいくらいです。シャンプーした後はかなり軋みますが、コンディショナーを使用するとすっごくサラッサラになります。ここだけ見るととてもいい商品に思えますが…。私には洗浄力が強過ぎるのか、乾かしている時点からフケが凄いです。ボロボロ落ちる。痒くはないのですが、とにかくフケが凄い!とにかく私には合わない商品なんだなって思いました(・・;)

〔悪い口コミ評判の評価〕

良い口コミ評判には「サラツヤ」とあった一方、悪い口コミ評判には「きしむ」「乾燥する」「パサパサする」が多かったです。洗浄力の強さで合う・合わないが出たようです。

そして、「(とんでもない量の)フケが出る」「抜け毛がひどくなる」という口コミ評価も多かったですね。ラックスは昔からフケが出るシャンプーとは言われていましたが、まだ改善してないんですね。

 

ラックスボタニフィークの良い口コミ「ふわっさらっ」「髪が軽くなる」

では、次にボタニフィークシャンプーの口コミ評判も見ていきましょう!

髪がとても傷んでいたので、自分に合うシャンプーを見つけたくて、ワンデーシャンプーを片っ端から試しまくりました。29種類試した中で最も良かったのがこれでした。花のいい香りがする。泡がたっぷりで気持ちいい。髪がキシキシしない。乾かしたあとの髪がサラッサラ。指通りがよく、触り心地もふわっ&さらっになる。使用翌日もサラサラ感が続く。

100%ピュアオイル配合っていうところに惹かれて、買っちゃいました。ノンシリコンでぬめりがなく、スッキリした洗い上がり!きしみは不快感が残る感じではないし、キュッと引き締まっている感じでした。仕上がりもサラサラだし、髪の毛が軽くなった感じがすっごくありますねぇ。ラックスはベタッとしたイメージがあったんですが、これはスッキリしていて、私の好みでした。

〔良い口コミ評判の評価〕

ラックスボタニフィークの良い口コミ評判には「キシキシしない」「サラサラになった」という評価がありました。ノンシリコンと100%ピュアオイルの影響で洗い上がりを褒めている方も多かったです。

 

ラックスボタニフィークの悪い口コミ「洗浄力が強い」「頭皮が荒れた」

お値段はそれなりにするのに主洗浄成分は安価なラックスと同じ強い洗浄力のラウレス硫酸Na。なぜ…?というのが正直な感想です。軋まないのはコーティング力が強いトリートメントのためだと思います。このお値段にこの成分、これならあと数百円出して髪にも頭皮にも優しいアミノ酸系のシャンプーを買うべきかなと思います。期待して購入しましたが、後で洗浄成分を調べてがっかりしました。リピはありません。容器のデザインや香りを評価されている方が多いですが、私はシャンプーにはそういうものを求めていないので、残念です。

可愛いボトルに惹かれて購入しました。ノンシリコンだからか、シャンプー後はきしみが気になりますが、トリートメントでとぅるんと良い手触りになってくれたのでそんなに気になりませんでした。香りは持続しませんが、シャンプー・トリートメント中はとても良い香りで癒されます。ただ…頭皮が荒れました。使い始め2~3回くらいは問題なかったような気がしますが、その後が大変でした。やはり、洗浄力が高い成分が入っているからでしょうか。トリートメントが良かっただけに、非常に残念です。

引用:@コスメ

〔悪い口コミ評判の評価〕

悪い口コミ評判には「洗浄力が強い」「頭皮が荒れた」という評価がありました。

ラックスボタニフィークはボタニカル成分で頭皮に良いイメージがありますが、洗浄成分のメインは安いシャンプーに使われるラウレス硫酸Naなので頭皮が乾燥して赤くなったりフケが出るという悪い口コミが多かったです。

 

【ラックスボタニフィークの成分解析と評価】かゆい・フケが出る原因成分

【ラックスボタニフィークの成分解析と評価】かゆい・フケが出る原因成分

悪い口コミに色々と頭皮のトラブルが書いてあったラックスボタニフィーク。

やっぱり成分を解析してみるしかありませんね。口コミとは逆になってしまいますが、まずは先にボタニフィークの成分から見ていきましょう。

 

ラックスボタニフィークシャンプーの成分解析

ラックスプレミアムボタニフィーク【ダメージリペアシャンプー】の成分表はこちら。

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、カニナバラ果実油、ハス花油、ダマスクバラ花エキス、ガリカバラ花エキス、ソケイ花エキス、アルガニアスピノサ核油、パルマローザ油、アンズ核油、ヤシ油、ハッカ葉油、アーモンド油、セリシン、アルギニン、酢酸トコフェロール、グリセリン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ビサボロール、ペンチレングリコール、PPG-7、PEG-40水添ヒマシ油、トリデセス-9、クエン酸、乳酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、香料

ラックスボタニフィークは口コミでもあった通り、ラウレス硫酸Naが洗浄成分のメインです。

ラウレス硫酸Naは、かゆみやフケの原因となる強い洗浄成分です。安めのシャンプーはこの成分を使うんですが、高級ラインナップのボタニフィークにも配合していたとは騙された気分ですね。

ラウレス硫酸Naは、安い・泡立ちが良い・洗浄力が強いの3拍子です。必ず覚えてください。

〔良い成分も配合している〕

良い成分にはカニナバラ果実油が配合されています。成分表での位置的にも重きを置いてる成分ですね。分かりやすく言うとカニナバラ果実油はローズヒップ油の別名です。ローズヒップ油はオレイン酸、リノール酸、リノレン酸といった必須脂肪酸を含む成分なので非常に頭皮や髪の毛に良い成分です。

口コミにバラの香りについて書かれたものもありましたが、使用量の多いこのカニナバラ果実油の成分が香り付けになっているようです。

こんなに良い成分を配合しているのにラウレス硫酸Na配合。。完全に足を引っ張っている悪い洗浄成分です。わかりきっているのに何で入れちゃうんでしょうか。そのせいでボタニフィークシャンプーには効果の期待ができません。

KEIKO

ラックスボタニフィークトリートメントの成分解析

次に、ラックスボタニフィークのトリートメントを成分解析して行きます!ラックスプレミアムボタニフィーク【ダメージリペアトリートメント】の成分表はこちらです。

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ジメチコノール、ベヘントリモニウムクロリド、カニナバラ果実油、ハス花油、ダマスクバラ花エキス、ガリカバラ花エキス、ソケイ花エキス、アルガニアスピノサ核油、パルマローザ油、アンズ核油、ヤシ油、ハッカ葉油、アーモンド油、セリシン、アルギニン、酢酸トコフェロール、DPG、パラフィン、アモジメチコンドデシルベンゼンスルホン酸TEA、ポロキサマー217、(C12-14)パレス-7、(C12-14)パレス-5、PEG-40水添ヒマシ油、トリデセス-9、ペンチレングリコール、ビサボロール、グルタミン酸、酢酸、乳酸、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、安息香酸Na、香料

ボタニフィークはシャンプーがノンシリコンでしたが、トリートメントはシリコン入りです。

ジメチコノール、アモジメチコン

の二つのシリコンが配合されています。私が思ってたほどは入っていなかったので良い意味で驚きです。4種類くらいのシリコンがドバッと入ってるんじゃないかと勝手に思っていました。

正直、シャンプーだけノンシリコンであってもあまり意味がなく、どちらもノンシリコンでなければ個人的に意味がないと思っています。

悪い口コミにもありましたが、強いコーティング力で覆ってしまうと、ダメージリペアという名前であってもそのコーティングに成分の効果が弾かれてしまいます。結果、本来の髪はダメージを負ったまんまということになります。

〔その他成分〕

  • DPG…保湿効果
  • パラフィン…血行促進、保湿効果

これらの成分は皮膚刺激がなく保湿効果のある成分なので良いですね。

しかし、

  • ドデシルベンゼンスルホン酸TEA…洗浄成分

こちらの成分が気になります。この成分は洗浄成分ですが掃除にも使われる洗浄成分で、非常に皮膚刺激の強い成分です。なぜトリートメントに配合されているのか…すごくナゾです。

ドデシルベンゼンスルホン酸TEAは皮膚刺激が強いとして使用禁止されていたこともありました。本当に注意してほしい成分です。

この成分によって頭皮が荒れてフケが止まらなくなったという方が多いのではないでしょうか。この成分を見て、悪い口コミにすごく納得が行きました。

他の(C12-14)パレス-5やポロキサマー217は界面活性剤なので、あまり気にする必要はないかと思います。界面活性剤は水と油が混ざりやすくなるために配合されている成分ですね。

それ以外はシャンプーとほぼ同じ成分です。若干保湿効果が高いだけという感じですね。それもシリコンで弾かれるので効果のほどは微妙です。

 

【ラックスボタニフィークの成分解析の評価結果】かゆみとフケの原因はシャンプートリートメント両方にある。

ラックスボタニフィークシャンプー&トリートメントには、どちらにも強い洗浄成分が配合されていました。しかもトリートメントはノンシリコンではなくシリコンが入っている。良くないですね。

ただ、あくまで成分を見た結果こうであるということです。

「髪の毛がダメージを負っていても(もしくは強い洗浄成分でダメージを負っても)シリコンでさらさらになっているのであれば満足!」という方も多いので、不満がなければいいのではないでしょうか。

しかし、少しでも未来の自分の髪や頭皮を気にするのであれば、あまりボタニフィークシャンプー&トリートメントはオススメできないというのが個人の見解です。

 

【ラックスルミニークシャンプーの成分解析してみた評価】ノンシリコンなのにベタつく仕様!

次に、新しくなったラックスルミニークシャンプーの成分を解析して評価していきましょう。ラックスだったらボタニフィークかルミニークか…どっちがいいという比較ができる訳です。

ラックスルミニークボリュームシャインシャンプー&トリートメントの成分解析

〔ルミニークシャンプーの成分解析〕

ラックスルミニークボリュームシャインノンシリコンシャンプーの成分表はこちらです。

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、アーモンド油、酢酸トコフェロール、アルギニン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、PPG-7、クエン酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料

成分少なめ配合なんですね!少なめの原因は値段にありますね。安いので必要最低限の成分を入れた感じです。

とはいえ、洗浄成分のメインを飾るのがこのラウレス硫酸Na。この成分が入っているので、もうオススメはできません。

んー、正直ボタニフィークの方が値段が高く、成分配合も多いので良さげに見えますが、コストパフォーマンスを考えるとどっちもどっちで、個人的にどちらも買う必要はありません。

 

〔ルミニークトリートメントの成分解析〕

ラックスルミニーク,ボリュームシャイン,トリートメントの成分表はこちらです。

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ジメチコノール、ベヘントリモニウムクロリド、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、アーモンド油、酢酸トコフェロール、DPG、アルギニン、グルタミン酸、パラフィン、アモジメチコン、ポロキサマー217、(C12-14)パレス-7、(C12-14)パレス-5、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、酢酸、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

こちらもシャンプーと同様の配合成分が伺えます。トリートメント専用に変化しただけですね。がっつりシリコン配合しているので、シリコン好きな方はどうぞ笑!シリコンの説明に関しては、ボタニフィークのトリートメントで書いた通りなのでそちらを見ていただければ幸いです。

そうですね、シャンプーとの違いはグルタミン酸ですかね。

このグルタミン酸は髪の主要タンパク質・ケラチンを作るためにはかかせない成分です。その他の役割は、保湿なので頭皮の乾燥を防いでくれたりもします。

ですが、忘れないでください…シリコン配合だということを…。

 

ラックスルミニークとボタニフィークに保湿効果について。うねり髪には要注意!

ラックスルミニークとラックスボタニフィーク。保湿効果についてが気になりますよね。

一応、どちらともあります!

ただ、どっちがよりあるのか?と言われると、ボタニフィークですかね。ルミニークもホホバ種子油という保湿効果の高い成分が入ってはいますが、それだけっていう感じなのでボタニフィークと比べると劣ってしまうという解析見解です。

そして、両方のシリーズで気になるのは髪のうねりに関してです。

ラックスルミニーク、ラックスボタニフィーク、どちらにもトリートメントでシリコンが配合されています。シリコンが保湿効果をもたらし、同時に髪のうねりももたらします。二つとも、髪のうねりは出やすくなるでしょう。

シリコンによるコーティングが毛穴を塞いでしまい、その隙間から髪の毛がなんとかして出ようとします。そうなってしまうと髪の毛がうねるという現象が発生します。

うねりを治したい方はできる限りシリコンが使用されていないものを使いましょう♪

隙間からなんとか出ようとする…イメージ的にフライドポテトを作るときのじゃがいもを押し出す感じのやつかしらね?笑

セリーナ

ラックスシャンプーが激安!安いのはストアより通販で最安値は楽天ではなくAmazon!

ラックスシャンプーの激安値段はないか!?最安値はいくら?

ということで、通販の楽天とAmazon、ストア販売店との値段と最安値をそれぞれ調べて比較したのですが、ストア販売店で購入するよりも通販の楽天とAmazonの方が安い値段でした。

通販の2つの巨塔…amazonと楽天ではどちらのほうが安いのか、最安値を見ていきましょう!

まずルミニークの値段からです。

  • ルミニークシャンプー【Amazon559円】【楽天635円】
  • ルミニークトリートメント【Amazon559円】【楽天635円】
  • ルミニークリッチリペアマスク【Amazon580円】【996円】

続いてボタニフィークの値段と最安値チェックです。

  • ボタニフィークシャンプー【Amazon1004円】【楽天1080円】
  • ボタニフィークトリートメント【Amazon908円】【楽天1512円】

ルミニークもボタニフィークも、amazonでは意味がわからないほどの安さになってます。激安すぎる…。Amazonで購入の値段が最安値になります!楽天は比較的ストアに近い値段ではないでしょうか。

ということで、ラックスシャンプートリートメントを買うならamazonで購入です♪

 

ラックスシャンプー・ルミニークとボタニフィークは抜け毛でハゲる心配も!?

ラックスシャンプー・ルミニークとボタニフィークは抜け毛でハゲる心配も!?

ラックスシャンプーでは抜け毛やハゲるという口コミが昔から一定数あります。

ルミニークとボタニフィークに入っているラウレス硫酸Naのせいで、頭皮に炎症が起こって頭皮環境が悪い方向へいく可能性は大いにあります。それが原因で抜け毛やハゲてしまうのかも…。

頭皮が乾燥しがちじゃない!頭皮の皮脂がめちゃくちゃ多い!とかだったらラウレス硫酸を使用しても困ることはないかもしれないですが、頭皮の健康が心配な方はラックスシャンプーはやめときましょう。

かなりの数のシャンプーがある中で、これを選ばなければならないといったことはありませんので。考えて自分に合うものを選びましょう。

KEIKO

そうね!私はラックスシャンプー、一生使わないわ!

セリーナ

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -